【父親は元プロ野球選手?】山田裕貴さんの父親を調査しました

山田裕貴さんの父親・山田和利さんについての詳細

https://twitter.com/marblunar/status/1027935554476769281

山田裕貴さんの父親・山田和利さんは東邦高校出身です。山田裕貴さんの父親・山田和利さんは甲子園出場経験はありませんでしたが、俊足な事やキャプテンシーが評価されて1983年のドラフト会議で中日ドラゴンズに4位で指名され中日ドラゴンズに入団しました。

1983年のセンバツ出場を逃しました。それでも、100mを11秒台で走れる俊足、主将を務めたキャプテンシーが評価されます。そして、1983年、ドラフト4位で地元球団の中日ドラゴンズから指名されました。

出典:VICTORYアスリート名鑑

山田裕貴さんの父親・山田和利さんは1991年にトレードで広島東洋カープに行きました。そして1996年には再びトレードで中日ドラゴンズに復帰しました。しかし、山田裕貴さんの父親・山田和利さんは怪我の為、同年に引退しました。

1996年、中日に星野仙一監督が復帰すると、音重鎮とともに古巣への復帰が決まります。背番号も7を与えられ大きな期待を背負いましたが、故障を負ったことが原因で一軍出場ゼロに終わりました。そして同年限りでの引退を決意します。そして、即指導者への道を目指すことになりました。

出典:VICTORYアスリート名鑑

山田裕貴さんの父親・山田和利さんは引退後はすぐに指導者としての道を歩み始めました。山田裕貴さんの父親・山田和利さんは現在は広島東洋カープの二軍守備・走塁コーチを務めています。

2015年からは再び広島の二軍守備・走塁コーチを務めることになった

出典:wikipedia

山田裕貴さんと父親・山田和利さんとは仲がいい!

山田裕貴さんと父親・山田和利さんは仲がいいです。山田裕貴さんは2018年にかつて父親がかつて背負った背番号30のユニフォームを着て中日ドラゴンズの始球式で投げた時に山田裕貴さんの父親・山田和利さんから「デッドボールだけは投げるな」というアドバイスを貰ったそうです。

父で元中日内野手の山田和利(53)=現広島2軍内野守備走塁コーチ=が1986年から4シーズン背負ったのと同じ背番号30のユニホーム姿で、美しいフォームから球を繰り出した。ノーバウンド投球は真ん中低めの73キロ。「デッドボールだけは投げるな」という父のアドバイスを守り、制球重視で投げたという。

出典:スポーツ報知

山田裕貴さんの父親・山田和利さんがコーチをしている広島東洋カープは2017年にセ・リーグ連覇をするも、その後のクライマックスシリーズで負けて日本一を逃してしまいましたが、その時に山田裕貴さんは父親・山田和利さんはショックを受けていると思うと父親・山田和利さんを気遣うコメントを出しています。

セ・リーグを連覇した広島はクライマックスシリーズでDeNAに敗れ、山田は「父は日本一になれなくてショックを受けていると思う」と気遣った。

https://www.sanspo.com/geino/news/20171027/geo17102705040009-n1.html

山田裕貴さんは父親・山田和利さんとのプライベートなことをブログで綴っているそうです。山田裕貴さんの父親・山田和利さんは山田裕貴さんの出演のドラマの感想をLINEで送ってきたこともあったそうです。山田裕貴さんと父親・山田和利さんは仲がいいのではないでしょうか。

ちなみに、お父さんとの仲はいいみたいです!
山田裕貴さん自身がブログでお父さんとのプライベートを綴っています。

なんでもお父さんからLINEが来たそうです。
「ドラマ見たよ。童顔だから迫力が足りないかな、演技はすごいです」
的な内容だったそうです。
山田裕貴さんが出演しているドラマを視聴した感想だそうです!

出典:LIFE WEB SITE

山田裕貴さんのその他の家族はどんな人?

山田裕貴さんの家族:母

出典:シネマズ

山田裕貴さんの母は一般人の為、名前等の詳細は分かりませんでした。しかし山田裕貴さんの母は山田裕貴さんの地元である愛知で開催されたイベントに足を運ぶこともあり、全面的に応援しているそうです。山田裕貴さんにとって母の応援は心強いものではないでしょうか。

山田裕貴の母親は、地元の愛知で開催された
イベントに足を運ぶこともあり、全面的に
息子を応援しているようでした。

出典:ティービー気まぐれ見聞録

山田裕貴さんの家族:妹

山田裕貴さんの妹も一般人の為、名前等の情報はありませんが兄妹仲は良いようです。2016年に公開された「ふきげんな過去」の公開記念トークショーで山田裕貴さんは妹に「今まで見た映画の中で一番面白かった」と言っていたと報告していました。

「23歳の妹が見に行ってくれて、今まで見た映画の中で一番面白かったって言ってた。こんなの初めて。映画通ぶっているのでうれしかった」

出典:スポニチ