【感動を呼ぶこと間違いなし!】結婚式で流したい安室奈美恵さんの曲☆

平成の歌姫、安室奈美恵さん☆

2017年9月にデビュー25周年を迎えた安室 奈美恵さん。その人気ぶりは、楽曲のみではなく、若い女性のファッションやメイクに社会ブームも巻き起こしましたね。しかし今年2018年9月に芸能界を引退すると発表し、歌手としてのキャリアを降りる決意をされました。そんな安室奈美恵さんの数々の曲は、結婚式での定番ソングとして今でもずっと人気を誇っているのです!

出典:RYSKKY

結婚式で定番の安室奈美恵さんの曲 No.3☆

安室奈美恵さんの曲を実際に結婚式で使ったという人のコメントを発見。なかには、なんと、BUMP OF CHICKENのツイートもありました!

https://twitter.com/sachiko_boon/statuses/1003551675209011200

みんながこぞって結婚式に流したい、安室奈美恵さんの感動を呼ぶ人気楽曲No.3をご紹介しましょう!

結婚式で流したい安室奈美恵さんの曲 No.1:「CAN YOU CELEBRATE?」

出典:ebay

安室奈美恵さんの曲といえば、何と言ってもこれ、「CAN YOU CELEBRATE?」です。この名曲は結婚式には外せないですよね。この曲を歌っていた当時の安室奈美恵さんは20歳だったんですよ!

1997年2月のリリース以来(なんと20年前!)、ウェディングソングの定番として愛されてきた名曲。

自身も1997年10月に結婚。

同年の紅白歌合戦にて、彼女が歌い上げたこの曲は、日本中を感動の渦に巻き込みました。

今もなお、日本全国多くの結婚式で、世代を超えて選ばれるベストウェディングソングです。

出典:みんなのウェディング

結婚式で流したい安室奈美恵さんの曲 No.2:「ALL FOR YOU」

出典:My Kpop

曲の始まりのピアノの音色が美しいこの曲。壮大なラブストーリーを綴っていますよね。

「描き出す地図の中歩いてゆこう」「二人ならば乗り越えて行ける」という歌詞もまさに結婚式にぴったりです。

とってもドラマチックな曲の始まりが素敵です。

しっとりとしたバラードに安室奈美恵さんの歌声が心にしみます。

愛する人と共に未来を歩み出すことを、力強く前向きに歌った一曲。

この曲は、入場シーンに流すことで、より感動的な音楽の演出ができそうですね。

出典:みんなのウェディング

結婚式で流したい安室奈美恵さんの曲 No.3:「Hero」

出典:grape

こちらは2016年にリリースされた比較的新しい楽曲です。この曲はNHKのリオ五輪のテーマソングにもなりました。力強い人の絆が描かれているこの曲の「君だけのためのhero どんな日もそばにいるよ」という歌詞が結婚式に響くんです☆

突き抜けるような爽快感溢れるメロディーにも注目!

安室奈美恵さんの歌詞の多くは「自分自身を誇ること」「真摯に愛すること」を表現してます。

この曲もその一つ。

結婚式という人生の晴れ舞台で、流すにふさわしい一曲です。

出典:みんなのウェディング

なんで安室奈美恵さんの曲が結婚式に選ばれるの?

数々のアーティストがいる中で、どうして安室奈美恵さんの曲はこれほどまでに結婚式に人気を集めるのでしょうか?その理由は、大きく2つあったんです!

安室奈美恵さんの曲が結婚式に選ばれる理由1:歌詞や歌声の美しさ

安室奈美恵さんの曲調は落ち着いた味のある声で歌う、力強いバラードです。ストーリー性のある歌詞には深い意味が込められているので、歌を聴いているとその情景が浮かんでくるのです。結婚式で安室奈美恵さんの曲を流すと感動を呼ぶのは、結婚式での場面と歌詞がマッチするからなんですね。

このようにランキングを見ていくと、結婚式で流れる人気曲には、メロディーが美しくて印象的という特徴があるということがわかります。

もちろん、名曲であることも重要なのですが、聴いていて美しく耳に響く曲調であるという特徴が共通しています。

出典:結婚式の曲のランキング

出典:Twitter

安室奈美恵さんの曲が結婚式に選ばれる理由2:ドラマなどの主題歌になったから

安室奈美恵さんの曲の多くは、ドラマやドキュメンタリーなどで主題歌に選ばれ、ヒットしています。中でも、そのメロディーや歌声の壮大さ、力強さからヒューマンドラマに採用されることが多く、そのイメージから結婚式という人生で最大のドラマのシーンに好まれているのです。

「CAN YOU CELEBRATE?」

元々は1997年放送の和久井映見さん主演の月9ドラマ『バージンロード』の主題歌としてドラマとともに大ヒットした曲です。

ドラマの内容にあった、結婚を祝う、これから一緒になる二人にピッタリの歌詞が共感を呼び定番化していったのだと思います

出典:Yahoo!知恵袋